当サイトの使用テーマ -シンプルなのに、高機能 - SWELL

【8割成功⁉】THE THORからSWELLへテーマ変更してみた!

swellのススメ
  • URL Copied!

WordPressのテーマをSWELL(スウェル)に変更しました。

今までは旦那さんの放り出したTHE THORを使ってましたが、設定項目が多くcssやHTMLの全くわからない私は使いこなせてない機能も多いので感覚的にデザインできると話題のSWELLにお引越し。

ブロックエディタは使いこなせる気が全くしませんでしたが、SWELLにするとホントに簡単に書ける!

他のテーマは使った事がないのでわかりませんが、THE THORからSWELLに乗り換えて大正解でした!!

swellバナー
https://swell-theme.com/

この記事でわかる事

・THE THORとSWELLの違い
・テーマの乗り換え時に注意すること

目次

SWELLとTHE THORの違い

the thor swell

THE THORからSWELLへ変えてもブロックエディタが使いやすくなるくらいで、そんなには違わないだろうと思って気軽に変更しましたが、案外違う所が多いんですね…。

プラグイン

THE THOR

プラグインがあまり必要ない。

これらはプラグインなしで最初から使用できる!

・SEO対策
・目次
・お問い合わせ
・サイトマップ
・吹き出し

SWELL

SWELLの開発者である了さんはプラグインも作っており、プラグインで出来る事はプラグインを使用するスタイル。

だこだ

プラグインって何入れたらいいかよくわからんわ

SWELLの公式ページで推奨のプラグインや非推奨のプラグインも確認できるので、よくわからないよって人も安心です。

公式ページでアナウンスされているプラグインはこちら

・SEO SIMPLE PACK
・Highlighting Code Block
・Useful Block
・WP Multibyte Patch
・WP Revisions Control
・Google XML Sitemaps
・Invisible reCaptcha for WordPress
・BackWPup
・Contact Form by WPForms

だこだ

THE THORでは不要やったSEO系やお問い合わせのプラグインは必要なんやな。

クラシックエディタとブロックエディタ

クラシックエディターTHE THOR

THE THORはまだブロックエディタに完全対応していないのでクラシックエディタを使用しますが、2021年12月31日でサポートが終わってしまいます。

クラシックエディタに慣れている人も多いため、なんとか2022年以降も使えるようにはなりそうですが、新機能を使わないのはもったいない気がしますね。

ブロックエディターSWELL

ブロックエディターって使いこなせない・・・。
と思ってましたがSWELLにしてブロックエディタを使ってみるとメチャメチャええやん!!
細かい説明不要!感覚的に使えるのが嬉しい。

swellバナー
the thor バナー

SWELLとTHE THORのメリットデメリット

メリット・デメリット

THE THORもSWELLもいいテーマですが、両方使ってみた私が改めてメリットとデメリットを出してみました。

THE THORのメリット・デメリット

THE THORのメリットとデメリットを解説。

デメリット

・機能が使いきれない。
・サポートフォーラムが使えない。
・ブロックエディタに対応してない。
・使いこなすのに時間がかかる

メリット

・機能が豊富。
・プラグインがあまり必要ない。
・着せ替え機能で簡単に好みのデザインに出来る。
・AMP、PWA対応。
・使ってる人が多いのでググると大抵のことは解決する。

ブログでよく使う↓のようなボックスやラベルを組み合わせると作れるけど、デフォルトで入ってないんで初心者ブロガーはデフォルトで入ってるサブタイトルボックスを使うんだけど、簡単には色が変えれなーい!

the thorボックス

THE THORは使い慣れてくると機能も多くていいテーマだと思いますが、使いこなすには時間がかかるので記事をどんどん書いていきたい初心者ブロガーには向きません。

SWELLのメリットデメリット

SWELLのメリットとデメリットを解説

デメリット

・値段は高め。(17,600円税込み)
・AMPに対応してない。
・新しいテーマなのでググっても解決しない事も。
・サポートが開発者の了さんひとり。

メリット

・ブロックエディタに対応している。
・購入者フォーラムや購入者限定のslackで問題は解決する。
・記事の装飾が初めてでも感覚的に簡単にできる。
・デザインがいい。
・100%GPLテーマ。

↑上のようなボックスもワンクリックで作れます。
記事の装飾やブロックエディタの使い心地が最高でストレスがありません。

100%GPLテーマというのも嬉しいです。
要するに「自由に使ってもいいですよ」って事。
他の有料テーマは自分のサイトに限りいくつでも使ってOK!なのに対してSWELLは他人のサイト作成時に自由に使ってOK!というテーマなのです!!
これだと友人のお店のHPが作れます。

だこだ

ちょっと作れる事を自慢したら頼まれた…。

SWELL公式HPはこちら
THE THOR公式HPはこちら

THE THORからSWELLに引っ越し時に必要な事は?

商品レビュー

SWELLにはテーマ乗り換え用のプラグインがあるのでスムーズに乗り換えができましたが、記事のタイトル通り8割は成功!
つまり2割程度は失敗したことになります。
修正の必要だったポイントは大きく2つ。

meta discription

SWELLのHPで乗り換え時の注意事項で解説されてましたが、「なんとかなるやろ」の精神でやってみたら見事に消えました。
SWELLではmeta discriptionはSEO系のプラグインに頼っているので、移行前に推奨プラグインであるSEO SIMPLE PACKをインストールしてコピペしておかなければならなかった(T_T)

だこだ

小難しい事がわからない人にはこれが一番簡単ですよ。

デザイン崩れの修正

移行用のプラグインでデザインの大きな崩れはありませんでしたが、吹き出しは全て修正が必要でした。
記事数の少ない私でも時間がかかったので何十記事もある人の事を考えると…ぞっとします。

まとめ

まとめ

他のテーマと比べると高価ですが、機能や使いやすさを考慮するとメチャクチャお勧めのテーマです。
追加で購入する機能もなく、買い切りなのも高ポイント!

SWELL17,600円
THE THOR16,280円
AFINNGER514,800円
JIN14,800円
2020.12現在(税込み)

私的にはサイドの追従してくれる目次が簡単に設置できて気に入っています。
THE THORの時にも導入したかったのですが、よくわからずに断念しました。

swellバナー
swellのススメ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる