ストレス太りの解消方法!旦那さんを半年で8キロ痩せさせたダコダが教えます

自粛開け4カ月ぶりの友人とのランチ、

久し振りに会った友人に対し、私の第一声は、「ふくよかになったなぁ」となんとも失礼な一言。

「言われると思ってたー」と友人(笑)

それほどふくよかになっていたのです。

理由は、ストレス太り

ストレスにさらされない生活などこの時代はむずかしいかもしれないが、できるだけ笑い楽しみ、ストレスの少ない生活を送りたいものだ。

友人ほどではないが、私自身もストレスで太ってしまったことがあるので・・・

ダコダ
あの時は、こえてたなぁ

 

原因

仕事

今回のストレス太りの最大の原因はこれ! 仕事は仕事と割り切り業務にあたっているので不満・不平は大なり小なりあるが耐えれる。

耐えれないのは、人間関係だ。上司の理不尽な言動・後輩の態度の悪さにイライラ。

ダコダ
上司は失敗をしても理不尽に怒り、責任をなすりつけてくる。後輩は失敗をしても悪びれもせず謝りもしない

 

上と下に挟まれた中堅という立場上、どこには発散することができず、一人で抱え込んでしまう。

家庭

旦那さんが家事・子育てを手伝ってくれなく、スポーツジムに通い自分磨き・・・

そして、身体をつくるためにプロテインが欲しいという。

ダコダ
プロテインの前に、日々の食生活を見直してほしいわ

 

家事・子育てを手伝わないことを百歩譲って許したとしても、自分磨きの為の資金投入は許しがたい。

家庭不調和は、お金にまつわることが多い・・・

ダコダ
ほんまその通り

解消方法

ストレス解消方法は人それぞれ、音楽を聴く・運動をする・食べるなど様々あると思うが、友人の場合のストレス解消は食べること。

いわゆる「ストレス食い」だ。

スナック菓子と炭酸飲料をPM11:00頃に食べてしまう。そうすると、お腹と気持ちが満たされ眠りにつくことができる。

そうするとどんどん蓄積され太ってしまう・・・

手軽にできること

●体を動かす

一人でできるランニング・ウォーキング・筋トレなど身体を動かして落ち込んでいる気分をリセットする。

 

ダコダ
縄跳びも効果抜群

●半身浴をする

運動するのが面倒くさい・人と会うのが億劫だなと思うときは、ゆっくり湯舟につかり汗をかき自律神経を整える。

 

ダコダ
リラックスできる温度は39℃前後ですよ

●映画・ドラマを観る

泣けるものを選び、思いっきり泣きましょう。副交感神経が刺激されすっきりします。

 

ダコダ
涙活という言葉もあるしね

 

やってはいけないこと

ストレス解消にはなるけれど、依存してしまうもの健康を損なうものなどは、ストレス解消法としてはNG。

これらの方法でしかストレスを解消できないのならば、専門医に相談したほうがベター。

●暴飲・暴食

●過度な買い物

●過食

 

友人の場合は、過食いわゆる「ストレス食い」です。私の意見としては「我慢したらー」と思うけど、気持ちを抑えられないのがストレスの厄介なところです。

ただこの友人の気持ちいいところは、太ることに抵抗もなくむしろ前向きな明るさ。

一般的には、ストレスがたまる→食べる→太る→落ち込む の悪循環サイクルだが、

友人の場合は、ストレスがたまる→食べる→太る→そしてまた食べる の前向きサイクルです。

「太ってもしょうがないか」といい、服のサイズをUPさせ買い替え・靴も大きめのサイズに買い替え・最終的には結婚指輪がきついといい外す始末(笑)

しかし、めっちゃ明るいので、「これはこれでありのストレス解消法なのか」と思います。

ストレス解消法は人それぞれなので、自分にあった方法でリラックスできるのが一番ですね。

 

ダコダ
食べれなくなり痩せていく人は、気持ちが落ち込んでいる人が多いと思う

 

ダイエットに挑戦

糖質オフ

旦那さんにいろんなダイエットを試してみたけど、なかなか続かなくて、成果も宜しくなかった。

しかし、「糖質カットダイエット」を試してみた結果、なんと6カ月ー8㎏減らすことに成功!

食すお米の量を減らすことから始め、砂糖を「ラカント」に変えて糖質カット。

今までのダイエットは、食事コントロールをして、量を減らすこと・カロリーを減らすことに焦点をあてていたので、肉体労働の旦那さんは空腹から間食をしてしまい、量を減らすこともカロリーを減らすことにも失敗してしまう結果だった。

しかし、「糖質カットダイエット」はお腹いっぱい食べて、またカロリーも気にせず食べるので、ストレスなくダイエットができ、間食をほぼすることなく取り組めた。

 

ダコダ
旦那さんの好物のマヨネーズも制限なく食べてはった
関連記事

【糖質カットダイエット】をはじめて2週間後の経過報告。 ここまで効果があると期待してなかった分、驚きが半端ない。 糖質カットダイエットを旦那さんにこっそり試してみた その1はコチラ 若い時は細身で体脂肪率も10%未満と、な[…]

最期に

ストレスを受けると様々な不調に見舞われるが、すべてが悪影響っていうわけではないのです。

自分で設定した目標に向けて、気持ちを奮い立たせるのもストレスの効果。

「ストレスは虚弱要因」だと考える人がほとんどだが、「ストレスは向上要因」だと考え方・気持ちの在り方を少し変えれば、幸福感が増し、身体も心も潤うのではないだろうか。

ストレスがあるからこそ自身を高め、人生に潤いを与えてくれるので、ストレスをコントロールしてプラスの力を引き出し、うまく付き合っていきましょう。

 

最新情報をチェックしよう!